リアルタイムで管理

今やコンビニエンスストアなどでなじみの深いPOSシステムですが、そのPOSシステムがどのように活用されているのかを具体的に知る機会は思いの外少ないでしょう。POSシステムの基本的な構造は、各端末からホストコンピューターへ情報が瞬時に伝達及び集計できる点にあります。そのため、店舗内である特定の商品が不足すると瞬時に他の店舗などから在庫の補充が可能となります。 また、リアルタイムで売り上げ管理ができるほか、売れ筋商品の分析など店舗管理には欠かせない情報が簡単に手に入るシステムになっています。同時に、店舗における出退勤などの人事管理も可能となりますので、残業やシフトに偏りがあるかどうかなどを、データを元に経営に生かしていくことが可能となります。

メリットが目立つPOSシステムですが、デメリットもいくつかあげることができます。まず導入に際しての初期コストが問題となります。大規模店舗などではそのメリットを活かすためには一度に高額な導入コストがどうしてもかかってしまいます。 また、災害時などの停電が起きた際には、POSシステムの場合にレジ自体が開かなくなり復旧を待たなければならいという事態も想定されます。今や情報管理と付き物の漏洩問題もセキュリティをしっかりと整える必要があります。 一方で最近のPOSシステム市場で新たな動きも出てきています。初期費用の低コストかと活用フィールドの拡大のため、タブレット(I-Pad等)を活用したシステムの開発がされています。タブレットの場合導入コストも抑えられる他、飲食店などでの注文の入力や、レジスペースの最小化などのメリットもあり、今後導入を検討される方にはうれしい情報になります。